撮影業績
2019年04月27日

【NHK】ダークサイドミステリー

「ナチス黄金列車」を聞いたことはありますか。ヒットラーに略奪された財宝。それらをナチスが隠し積んだ列車がヨーロッパのどこかに埋まっている、と今も噂されています。第2次世界大戦の都市伝説として知られているのですが、実存在していたもの。その闇の真実を知る、生きた証人にお話を伺うことができました。

人類最悪の差別と略奪の歴史

ファヒデ・エーヴァさん ( 94歳 ) ホロコーストを生き延びた方。ハンガリーで生まれ育ったユダヤ人です。

財宝についてお伺いする前に、エーヴァさんご自身が体験された壮絶な過去をお話しいただきました。

ハンガリーの一般家庭で生まれた彼女。ただ違ったのは、ユダヤ人であったということだけでした。両親や妹さんと幸せに暮らしていました。しかし、ヒトラーの恐怖が近づき、一家は闇へと引きずられていったのです。

ホロコーストへ行くまで、そこで目の当たりにした想像を絶する環境。耳を覆いたくなるような、人間がすることなのかと悲しみにくれてしまうような、悲しいお話を伺いました。

その中で、今回の取材テーマでもある「黄金列車」、ハンガリー語では aranyvonat ( 金の列車 ) にも触れました。略奪により得た財産を積んだ列車。いくつかの列車は既に見つかっていますが、まだ行方不明のものも。

実際に、エーヴァさん一家もナチスにより家具や貴金属を奪われました。しかし、そこで驚いたのは、返却を暗示するように財産と所有者の名前を記させていたこと。返すつもりなどなかったはず。でも、これを見て、ユダヤ人たちは「いずれ返ってくる、今を絶え忍べば」と提出していたのです。

エーヴァさんのご家族は、ごくごく普通だったそう。またご両親は、つつましやかに生きることを美徳としていたので、贅沢品はあまり持っていなかったといいます。

しかし、高価なものを出さないと、隠していると疑われてしまう…。彼女の父は、わざわざ宝石を買いに行ったのだとか。結局、それらは戻ることはなく、家族もホロコースで煙となってしまったのです。

奪った財宝を乗せた黄金列車はどこへ消えたのでしょうか。
そして、なぜ人々は、最悪の差別と略奪を黙認したのでしょうか。

人間の欲望の闇、闇の裏に隠された実話に迫ります。

 

About this author

取材・撮影コーディネート Media Coordinator

取材・撮影コーディネート Media Coordinator

日本ハンガリーメディアートは、ハンガリーを拠点に中欧・東欧ヨーロッパの取材・撮影コーディネート事業を展開。ロケーションのことはお任せあれ!豊富な経験でヨーロッパでの活動をサポートいたします。その他、通訳・翻訳、リサーチ業務等も承っておりますので、お気軽に取材、撮影、CM制作等ご相談ください。