撮影旅行業績
2017年03月07日

BS-TBS 地球絶景紀行 『ドラキュラ伝説とブラン城』

世界でたった一つの絶景を探す、大人の紀行ドキュメンタリーとして長年愛され続けてきたBS-TBS『地球絶景紀行』。

今回の旅は、ルーマニアのトランシルヴァニア地域に現存する名城、ブラン城の絶景とそこに隠された王の物語を巡るもの。
2017 年 1 月 20 日夜 9 時から『ドラキュラ伝説とブラン城』として放送されました。


ルーマニアの古城、ブラン城と王の物語

©2017日本ハンガリーメディアート

森高千里さんが旅人を務める本番組は、視聴者の皆様とともに世界を訪れているかなのような臨場感を味わえます。

訪れた地で暮らす現地の人々と出会いながら、その国、場所、文化、人を知り、物語を紡いでいく内容です。
その中で巡り合った奇跡の絶景を日本の視聴者の皆様にお届けしています。

スタッフも『奇跡の瞬間』を待っているので、何が起こるかわからないワクワク感の中で撮影しているんです!
そのワクワク感、絶景と出会えた時の撮影側の感動が、映像を通して視聴者に伝わっているのだと思います。


普段はみられない、地下牢を特別公開

©2017日本ハンガリーメディアート

ブラン城は、「ドラキュラ伝説」の舞台として有名になっているのですが、その所以には、ある人物の存在がありました。
その人物は、15 世紀のワラキア公国の君主 ヴラド 3世 (Vlad Țepeș : ヴラド・ツェペシュ)。
ワラキアとはルーマニア南部を指す地方名です。

その地域を治めていたのが、アイルランドの作家ブラム・ストーカーによって「ドラキュラ伯爵」のモデルとして描かれたヴラド 3 世、通称ドラキュラ公でした。
しかし、実際にこの城を居城としていたのはヴラド 3 世の祖父。
この城にヴラド 3 世はいなかった!?というわけではなく、この城の地下牢で投獄されていた時期があったそうです。


ドラキュラ公は英雄だった!?今なお慕われ続ける王の姿とは

©2017日本ハンガリーメディアート

今ではドラキュラ公として有名になってしまったヴラド 3 世ですが、現地の人々は、ワラキア公国の平和を揺るがすオスマン・トルコ帝国と勇敢に戦った英雄だったといいます。
ただ彼の統治は、他の君主では考えられないような手段を用いていたことから、残忍なイメージが先行し、吸血鬼伝説と結びついたようです。

この撮影では、ブラン城の人気案内人マーテイさんの粋なサプライズにより、普段は立ち入り禁止となっている地下牢へ連れて行ってもらえることに。

石を削って作られた小さな部屋には、小窓が一つあるだけの冷たく暗い、閉ざされた空間。
ここでドラキュラ公は、寒さに耐えながらも窓から見えるわずかな景色を眺め、愛する故国に思いを巡らせていたのかもしれませんね。


スーパームーンに照らされ、妖艶な美しさをはなつブラン城

©2017日本ハンガリーメディアート

撮影時期はスーパームーンと重なり、ドラキュラ伝説が蘇ってくるような夜の光に照らされ、闇から浮かび上がる妖艶な絶景と出会うことができました。

深夜の絶景を待ち続けて、真夜中に森の中で待ち構えるスタッフ。
野犬に囲まれるというまさかの大ピンチを乗り越えての撮影は、生涯忘れることはないでしょう。苦笑
夜の森はやはり危険ですので、皆様は動物の気配がする方には絶対にいかないでくださいね!


高所は苦手なカメラマン、決死の覚悟で空を舞う

©2017日本ハンガリーメディアート

最近の空撮はドローンが主流ですが、臨場感を作り出すためにはやはりカメラを持って空を舞うべき!ということで、ディレクターやコーディネーターに押され、ものすご~く辛そうな顔で飛び立ったカメラマンさん。
他のスタッフは「私も空を飛びた~い!」なんて言いながら、大きく手を振ってお見送り。
陸地に戻ってきたカメラマンが持ち直すまで、しばらくの時間がかかったことは思い出話ですね~(笑)


ブランに住む温かく優しい家族との出会い

©2017日本ハンガリーメディアート

上写真のおじいちゃんとお孫さんは、ブランの町を散策中に偶然であった方々。

「何してるの~?」と穏やかな笑顔で尋ねてきたおじいちゃんは、日本からブラン城を紹介するために来たというと、なんと!お家に美味しい牛乳やら食べ物があるからおいでといきなり招待してくれたのです。

本当に田舎町の優しい家族を絵にかいたような雰囲気。
放送内にはおさまりきらなかったのですが、ニワトリのものまねをしながら鶏たちを呼び集め中のおばあちゃん (奥様) に出会い、なんて可愛い家族なんだとスタッフ一同もう笑みが止まりませんでした。

ブランの町、城を愛し続ける現地のご家族に巡り合えたことで、この旅の深みが増しました。
撮影にご協力いただいた皆様に、心から感謝感謝です。


切ない恋の物語、ドラキュラ公が愛したカタリーナ

©2017日本ハンガリーメディアート

当番組で宿泊したVila Katharina (ヴィラ・カタリーナ) は、ブラショフに実在したある織工の娘カタリーナが住んでいたとされる場所のすぐそばに位置しています。

このカタリーナ (上写真の絵の人物)は、ドラキュラ公が一目ぼれした女性。
身分や宗教上の制約、二人の間にあった様々な壁により、この恋は実ることはありませんでした。
しかし、今なおヴラド 3 世とカタリーナの愛の物語は、地元の人々によって語り継がれています。


番組内ではルーマニアの首都ブカレストについてもご紹介!

©2017日本ハンガリーメディアート

ルーマニア編放送回では、かつてドラキュラ公が統治していたワラキア公国があった首都ブカレストの見所も紹介していますよ♪

次の旅はルーマニアにしようかなとお考えの皆様、ぜひ一度、地球絶景紀行『ドラキュラ伝説とブラン城』をご覧ください☆

 

About this author

取材・撮影コーディネート Media Coordinator

取材・撮影コーディネート Media Coordinator

日本ハンガリーメディアートは、ハンガリーを拠点に中欧・東欧ヨーロッパの取材・撮影コーディネート事業を展開。ロケーションのことはお任せあれ!豊富な経験でヨーロッパでの活動をサポートいたします。その他、通訳・翻訳、リサーチ業務等も承っておりますので、お気軽に取材、撮影、CM制作等ご相談ください。