撮影業績
2017年03月08日

【TV TOKYO】 世界!ニッポン行きたい人応援団 / Who wants to come to Japan !

TV 東京番組、日曜ビックバラエティ「世界!ニッポン行きたい人グランプリ」から始まった本番組は 2016 年にレギュラー化。
番組名を「世界!ニッポン行きたい人応援団」に改め、毎週木曜 夜 7 時 58 分から放送しています。
日本ハンガリーメディアートでは、ハンガリーを拠点に現地スタッフとして本番組を応援中!
過去にこんな方々がご招待されました☆


東京メトロ愛がとまらない ブダペストの大学生 ラースローさん

東京メトロのアナウンスが大好き!ラースローさん

森谷真弓さんの東京メトロアナウンスが大好きなラースローさんは、ブダペストの大学にかよう大学生。
電車好きの彼がインターネットで偶然であった森谷さんのアナウンスに魅了され、東京メトロにどハマりしてしまったそう。

おばあちゃんと一緒にインタビューを受けるラースローさん

優しい笑顔が可愛く、撮影スタッフ全員がラースローさんに癒されました。

ニッポンでは東京メトロ前線制覇を成し遂げ、ネットだけではわからないニッポンのすごさを肌で感じたそうですよ。
番組最後に、「東京メトロに就職したい」と言っていた彼の次なる夢が叶うといいですね!


凛としたニッポンの着物に魅せられた ジュジャンナさん

自作の着物を着てブダペスト街歩き

大学で Fine Arts を専攻していたジュジャンナさん。
卒業研究テーマを探していた頃に、友人がニッポンの着物を見せてくれたのをきっかけに、着物熱が高まったんだとか。
番組の取材時も自作の着物を披露してくれました。

着物マナーだってバッチリ♪

着物を着たり、作ったりするだけではなく、KIMONOを着る際のマナーだって熟知し、ニッポンの心を大事にしてくれている姿にスタッフ一同、心打たれるものがありました。

そんなジュジャンナさんは、ニッポンにご招待され、京都を中心に着物制作のいろはを職人さんから学んだだけでなく、ニッポンの人々の温かさに触れたのが感動的だったそうです。

今でもハンガリーで着物、そしてニッポンを現地の人々に紹介する活動をしています。


子どもたちの教育のために!人生をそろばんに捧げる バイダさん

そろばん研究、制作にあけくれる日々

元教師だったバイダさんは、根っからの子ども好き。
奥様も小学校の教員ということもあり、子どもたちの教育に役立つニッポンのそろばんに感銘を受けたそうです。
ご夫婦で手を取り合いながらそろばんづくりやハンガリーの子どもたちへの指導法など作り上げてきました。

そろばんを通じてニッポン好きになった子どもたちは、日本人に興味津々

そろばんの授業をしている小学校に取材にいくと、日本人に興味津々の子どもたち。
日本語で書いた本番組ディレクターのサインが欲しいと行列をつくる子どもたちのキラキラした目は、今でも忘れられません。

ニッポンにご招待されたバイダさんは、職人さんから教えていただいた技術をハンガリーへ持ち帰り、只今新作そろばんを試作中だそうですよ!


ニッポンのわらじ (自作)を愛用するクリスティアーンさん

わらじが好きな渋イケメンハンガリー人

甚平さんにわらじ、ハンガリーの方とは思えないほど和ないでたちのクリスティアーンさん。
ある番組で偶然見かけたわらじに興味がわき、作ってしまったんだとか。
この国ではわらじを作る材料がなかなか手に入らないので、ココナッツの皮で作った紐で自分用のわらじを制作。

そんなクリスティアーンさんは、ニッポンの山形県にご招待されました。
わらじ職人さんの技と心の温かさだけでなく、日本の風土にも感激したそうです。


旗をもって街中でニッポン好きを調査中
©2017日本ハンガリーメディアート / チェコ

現在もハンガリーやその周辺国(中欧・東欧)で、『ニッポンが大好きで、ニッポンへ行きたくてたまらない』人を探しています!

和菓子への情熱が桁違いなチェコの高校生、エリシュカさん

皆様の周囲に来日経験はないけれどニッポン愛がすごい外国人がいらっしゃれば、ぜひ “夢のニッポン体験 ” を応援する当番組情報をシェアしてください ♪

ニッポンと世界が知り合うきっかけとなるよう、弊社スタッフ一同、これからも『世界!ニッポン行きたい人応援団』を心を込めてサポートしていきます!

About this author

取材・撮影コーディネート Media Coordinator

日本ハンガリーメディアートは、ハンガリーを拠点に中欧・東欧ヨーロッパの取材・撮影コーディネート事業を展開。ロケーションのことはお任せあれ!豊富な経験でヨーロッパでの活動をサポートいたします。その他、通訳・翻訳、リサーチ業務等も承っておりますので、お気軽に取材、撮影、CM制作等ご相談ください。